保険比較の「保険市場」
比較.com 生命保険【無料】一括資料請求

学資保険

学資保険に加入する理由

学資保険こども保険というのは、教育資金を用意するためにあるもの。

子どもを大学へ行かせるためには、高額な(何百万円というくらいの)資金が必要になりますよね。これだけのお金をいざ大学進学のときに用意するのはなかなか大変。

そこで、あらかじめ大学進学のときに資金を用意できるように、積み立てのプランに加入しておくと良いのです。なかでも子どもの教育資金用に用意された保険が、この学資保険やこども保険なのです。

学資保険こども保険は、とても便利な面もあり、金融商品兼保険商品として優れた商品なのですが、学資保険こども保険には必ず加入しなければいけないものでもありません。

むしろ、事情によっては学資保険こども保険は要らないこともありますので、将来の教育資金を用意するための選択肢のひとつにすぎません。

とにかく、学資保険こども保険は親にもしものときがあった場合の安心を買えるものだと思っておけばOKだと思います。

ということは、親がちゃんと保険に加入してるなら学資保険こども保険はいらないの?

学資保険

学資保険にはいつ入る?

学資保険に入るのはいつなのか?

私は「子供が生まれると同時に学資保険が開始されるように前もって手続きをしなければいけない」と勘違いしていたのですが、実際は「子供が生まれた後ならいつでも学資保険に加入するのは構わない(各社ごとに契約者・被保険者の制限年齢が異なります)」ようです。

学資保険は、満期までの残日数で毎月の保険料(支払額)が決まります。

学資保険が「いつでも構わない」といっても「積立」という性質上、早めに契約して少しずつ積立てていくことが理想です。

あまり遅くなると月々の保険料(支払額)が高くなり、負担に感じてしまうので気をつけてください。


学資保険の加入は早いに越したことはないのかな。

学資保険

学資保険にはいつ入ればいい?

学資保険にはいつ入れば良いのでしょうか?


私は、子供が生まれると同時に学資保険に入るものと勘違いしていたのですが、実際には子供が生まれた後ならいつでも構わないそうです。(各社毎に契約者・被保険者の制限年齢が異なりますので注意して下さい。)


満期までの残日数で毎月の学資保険の保険料(支払額)が決まります。


だから、学資保険に加入するのはいつでも構わないといっても「積立」という性質上、早めに契約して少しずつ積立てていくことが理想ですよね。


あまり遅くなると月々の保険料(支払額)が高くなり、負担に感じてしまうので気をつけてください。

学資保険

学資保険のメリットとデメリット

学資保険のメリットには、どんなものがあるか。また。デメリットは?
学資保険加入の参考にして下さい。


学資保険の主なメリットには

@確実に一定の教育資金を貯めることができる
貯蓄が苦手だったり自分自身で貯めていく自信のない方は確実に積立をすることができます。

A保険料免除
契約者である親に万が一亡くなったり高度障害状態になった場合は、その後の保険料支払いが免除されます。

B保険金を必ず受けとれる
子どもが保険の満期を迎える18歳や22歳になるまでに万が一のことがあった場合は死亡保険金として、元気に育った場合は満期保険金として、いずれの場合も一定額を確実に受けとれます。(告知義務違反等の免責事由に該当する場合を除く)

C契約者貸付制度
ほとんどの同種の保険において解約返戻金に対する一定割合の契約者貸付制度があり、不意に必要となった資金の調達時に活用できます。



では、学資保険の主なデメリットには

@利回りが低い
最大のデメリットは、加入時期にもよりますが多くの学資保険やこども保険が元本割れをするかもしくは利回りが低いということです。

Aインフレに勝てない
今後、物価上昇や少子化により子どもの将来の教育費が上昇した場合に、将来受け取る金額が確定しているため対応できません。実質的に財産価値が目減りするリスクがあります。

以上を参考に学資保険の加入を考えてみてください。

学資保険

学資保険とは?

学資保険は、子どもの教育費を計画的に貯めることを目的とした貯蓄性の高い保険です。

学資保険には、15歳や18歳など一定の年齢に達すると満期保険金が受け取れるほか、中学や高校の入学時にお祝い金がもらえるタイプもあります。

もし契約者である親が亡くなった場合は、その後の保険料が免除され、学資保険の商品によっては子どもの死亡時に保険金が受けられるタイプもあります。


代表的なのは郵便局の簡易保険の「学資保険」。毎年70万件もの加入があり、「学資保険といえば郵便局」と思う人も多いでしょう。

最近は、各保険会社も学資保険を取り扱っており内容も様々です。また、通販でも学資保険に加入できるものもあるみたいです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。