保険比較の「保険市場」
比較.com 生命保険【無料】一括資料請求

学資保険

学資保険のメリットとデメリット

学資保険のメリットには、どんなものがあるか。また。デメリットは?
学資保険加入の参考にして下さい。


学資保険の主なメリットには

@確実に一定の教育資金を貯めることができる
貯蓄が苦手だったり自分自身で貯めていく自信のない方は確実に積立をすることができます。

A保険料免除
契約者である親に万が一亡くなったり高度障害状態になった場合は、その後の保険料支払いが免除されます。

B保険金を必ず受けとれる
子どもが保険の満期を迎える18歳や22歳になるまでに万が一のことがあった場合は死亡保険金として、元気に育った場合は満期保険金として、いずれの場合も一定額を確実に受けとれます。(告知義務違反等の免責事由に該当する場合を除く)

C契約者貸付制度
ほとんどの同種の保険において解約返戻金に対する一定割合の契約者貸付制度があり、不意に必要となった資金の調達時に活用できます。



では、学資保険の主なデメリットには

@利回りが低い
最大のデメリットは、加入時期にもよりますが多くの学資保険やこども保険が元本割れをするかもしくは利回りが低いということです。

Aインフレに勝てない
今後、物価上昇や少子化により子どもの将来の教育費が上昇した場合に、将来受け取る金額が確定しているため対応できません。実質的に財産価値が目減りするリスクがあります。

以上を参考に学資保険の加入を考えてみてください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。